私のアンプ設計マニュアル / 自作オーディオ心得
自分で考えることの大切さ
<自分で調べて考えて確かめる>
インターネットが生活に中に入り込んできた結果、ちょっとググれば簡単に調べ物ができる時代になりました。質問を掲示板に書き込めば、たちどころに誰かが回答をくれます。しかし、自分で考える、自分で調べる、安易に人に回答を求めない、ということの重要さは自作オーディオに限った話ではなく、人として生きるためにはとても大切なことです。私のHomePageでは特にこのことを重要視しています。

わたくしごとで恐縮ですが、私は電子回路やオーディオに関して、人に答えを求めたことはほとんどありません。自分で調べ、学習し、考えてなんとかやってきました。すべての疑問や抱えている問題の回答が得られているわけではなく、未解決な問題はたくさんありますがそれを解決するのに人に聞こうとは思っていません。そのため、行き詰って作りかけのままになっているアンプが何台もあります。1996年前に壁に当たって放置されていたアンプが、2015年の夏に解決して完成したこともありました。

こんなことを書くと「あなたは初心者ではない、自力で解決できるだけの経験や知識があるからそんなことが言えるのだ」とおっしゃる方がいます。では、私が超初心者であった頃はどうだったか、やはり誰にも聞かずに自分で調べ、勉強し、勘違いし、何度も失敗し、やがてそ自分の間違いに気づき、そうやって解決してきました。どんなに時間がかかっても。そのせいで現在の私程度の経験を得るのに50年もかかってしまいましたが、これでよかったと思っています。

私が失敗した数は誰よりも多いかもしれません。掲示板で自作したアンプのトラブルの質問が書き込まれた時、たまに私が一発で原因を見つけてしまうことがありますが、何故そういうことができるのか。答えはじつに簡単、私も過去にみなさんと同じ間違いをやったことがあるからです。私も過去にさまざまな思い違い、無知による失敗を繰り返してきました。ですから、初心者がどんな思い違いをするのか、どんな間違いを犯すのかわかるだけのことです。

人の能力は失敗を繰り返すことで学習し磨かれます。知らないこと、間違えること、失敗することは恥ずかしいことではありません。言い換えると、他人よりもよく知っていること、間違えないこと、失敗しないことが偉いわけでもありません。

ビジネスの世界では、生産性や効率やスピードが成功への条件だと思われているふしがあります。自分で考えて自分で解決することよりも、仕事を人に振って人にやらせて速やかに成果を出した人の方が早く出世したりします。長い人生を大きくとらえてみると、こういうやり方はビジネスの世界においても賢明な道ではないという気がします。このことは、60歳を過ぎていよいよ実感しています。うまいことやって最短距離を通るよりも、道草しながらつまづきながら遠回りをした方がじつは得るものが多いのだということ、生産性や効率やスピードといった価値観は、30代から50代前半にかけて誰もがかかる「はしか」のようなものであることです。


<高いプライドを持って意地を張ってほしい>

インターネットの世界では、ちょっとしたことも検索したりどこかの掲示板で質問するとたちどころに回答を得ることができます。それは人の成長にとっては必ずしも良いことではありません。人に聞く前にまず自分で考えてください。「そんなこと安易に人に聞けるか」と意地を張ってください。多くの場合、答えは自分の中にで見つけることができます。但し、すぐには答えは得られず時間がかかります。

人から聞いた答えはその人のものでしかありませんが、苦労して工夫して遠回りして自分で得た答えは自分のものになります。それも最終的な答えだけでなく、答えを導き出すための思考プロセスのすべてが自分のものになり、自己成長の糧になります。


<掲示板での質問&回答について>

自作オーディオに関する掲示板は2つありますが、そこに書き込まれる質問などに対する私なりの基本的な考え方を書いておきます。

質問された方が、その方なりにいろいろ考え工夫などをした様子が見えた場合は、私もある程度までは時間を割いてその問題について踏み込んで考え、回答するように努力します。特に、質問やトラブルの内容が、他の多くの方にも役立ったり学習教材になるような場合は、時間の許す範囲で関わるようにします。

書き込みに対して反応しない、回答しない場合には2つのケースがあります。一つめは、仕事でへとへとに疲れている、原稿などの締め切りが迫っている、本人の体調が悪い、家族などが病気でそれどころではない・・・といった理由があります。二つめは、私などに聞かなくてももう少し努力すれば自力で答えに近づくことができそう、単に甘えているように感じられる場合です。

質問する方に是非考えていただきたいのは、「自分は安易に答えを求めてはいないか」「自分でやってみることはまだほかにあるのではないか」「もうちょっと頭を使っていろいろ考えてみた方がいいのではないか」といったことです。

掲示板で質問をして回答を求めるということは、回答者の人生の時間を奪っているのだということにも気づいてください。質問するのは簡単ですが、回答を書くのには時間を食うのです。賢い質問者は、質問の準備やデータ集めに時間をかけ、短時間で回答できるようにする人です。


<ネット上にみられる教えたがり症候群、語りたがり症候群、躁病>

残念ながら、ネットの世界には教えたがる人、回答したがる人、口を挟みたがる人がたくさんいます。そんな人ほど問題を解決に導かずにかき回しています。説明を始めると止まらなくなってしまって、延々と講義をする人。本題からはずれて脱線したまま書き続ける人。人の話題を奪ってしまい、自分が興味関心のある話題にすり替えてしまう人。

真に考えが深い人は書き込み行数が少ない傾向があります。
真に解決能力がある人ほど静観しているものです。

(1)掲示板への1回あたりの書き込み行数が常に一定量を超えている、
(2)書き込みの頻度が他の人に比べて突出して多い、
(3)いろいろな人の書き込みにいちいちコメントをつけようとする、
(4)書きたいことが次々を湧いてきてしまう、
(5)本題からはずれた内容の書き込みをする、
(6)誰もコメントを返していないのに連投する、
(7)エネルギッシュに活動する、

上記の7項目のうち4つ以上該当する人は躁病の疑いがあります。躁病は「知的にエネルギッシュ」+「的外れ、とんちんかん、お節介、出しゃばり」という2つの側面があり、ネット社会ではその傾向が強調されるので発見されやすいです。自覚がある方は医師に相談すれば、うまく自分をコントロールして周囲との摩擦を引き起こさない方法を手に入れることができます。


<ネット上にみられる教えて症候群>

教えて君とはわからないこと、知らないことを自分で調べようとせず、すぐ誰かに聞いて解決しようとする人を意味する。教えて君はもともとインターネットで使われた言葉で、一旦自分で調べることをせず、いきなり掲示板やチャットで聞く人をいう。特に検索サイトなどで検索すれば簡単にわかる内容を質問する人や掲示板への書き込みが質問ばかりの人に使われる。少しずつではあるが、インターネット以外でも使われるようになってきている。 最大の特徴は「自分は初心者なので何も知らないし、何もできない。だから努力しなくてもいい」 と考えていることです。 「初心者の自分にもできることがある」と考える人は教えて君ではありません。

教えて君と屑回答者
教えてクン養成マニュアル


私のアンプ設計マニュアル に戻る